バレンタイン2018のトレンド 、気になりますよね。
簡単に手作りで渡すのか、ブランド品を購入して渡すのか・・・。

 

そこで今回は、様々なデータとともに2018年のバレンタイン、世間の女性たちはブランドチョコレートを購入しているのか?
また、チョコレートを手作りしているのか?
それらについて考察をまじえ、まとめていきます。

 

スポンサードリンク

 

バレンタイン2018では手作りと購入はどちらがトレンドか?

 

まずはじめに、手作りと購入どちらが一般的なのか?
これについて、見ていきます。

 

以下のデータをご覧ください。

 

(出典:Rakuten Reserch 2017 https://research.rakuten.co.jp/report/20170124/)

 

こちらは、昨年2017年のデータです。
チョコレートを渡す人のうち、「手作りで渡す」と答えた人が全体で23.6% です。
20代では45.6%、60代では2.7%と年齢によって大きくバラつきはありますが、総じて”ブランド購入派”のほうが多いということです。

 

もちろん手作りの比率が高い20代においても、残りの半数以上は「購入する」または「まだわからない」という回答なわけです。
ちなみに、同サイトの2014年のデータでは、10代も含まれているが53.2%にもなっていた。
一概には比較できませんが、つまり、ここ3年で確実に手作りで渡す人は減少傾向 であるといえるでしょう。

 

そして今年の予想アンケートデータです。

(出典:OZmall http://www.ozmall.co.jp/valentine/article/12348/)

 

 

別サイトのデータにはなりますが、アンケートによると今年2018年の手作り率は19% となっています。
残念ながら手作り派はだんだんと形見がせまくなりそうです・・・。

 

 

【手作りで渡す人の割合】

  • 2017年 ⇒ 23.6%
  • 2018年 ⇒ 19%

 

 

購入する場合の平均額やブランドについて

 

それでは、最近のトレンドとなっており数も増えてきている”チョコレート購入派”ですが、一体どのようなブランド、金額を目安に購入しているのでしょうか。

 

上記の画像にも一部ありましたが、「1000円~3000円未満」という回答が最も多い です。
もっと具体的にみると、以下のようです。

 

 

【平均購入額】

  • 2016年 ⇒ 2,250円
  • 2017年 ⇒ 2,150円

 

こちらも残念ながら微妙に減少してきています。
今年2018年は約2,000円あたりが平均購入額 といえそうです。

 

また購入ブランドですが、こちらは基本的に”デパート(百貨店)に出店されているブランド”が一般的です。
インターネット通販でも購入しやすいことから、ネット上で購入するケースも多いです。

 

ブランドは、下記のようなモノです。

  • モロゾフ
  • GODIVA
  • 伊藤久右衛門
  • ロイズ
  • DEL REY
  • ジョエル・ロブション
  • ジャンポール・エヴァン
  • ピエール・マルコリーニ

 

まとめ

 

以上、2018年のバレンタインのトレンドについてまとめてみました。
手作りでチョコレートを渡す人はどんどん減少傾向になっているようです。
また、それと同時に各百貨店からも有名パティシエとのコラボ限定商品や有名チョコレートのバラエティ商品などが数多く商品化されています。

 

これらのデータを参考に、今年のバレンタインについて一度考えてみてください。

 

 

 

<この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます>

バレンタイン友チョコにオススメの簡単手作りレシピ3選

会社や義理で使えるチョコ以外の本当にオススメできるバレンタイン品

 

 

スポンサードリンク