いま話題のつまようじボーガン ですが、その威力 についてはどれくらいでしょうか?

 

つまようじでありながら、今回でいえば大ケガをさせる事件になっていたり、中国では規制されるほどのモノになっていたり・・・。
その危険性の高さが世間の関心となっているみたいです。

 

そこで今回は、実際にはどれくらい危険なモノなのかを改めて調べてみます。

 

スポンサードリンク

 

空き缶を貫通?

 

まずはじめに、こちらをご覧ください。

 

 

普通に貫通しています。

 

これは、実際に府警が鑑定すると時速100kmは出てるとの情報があります。
物体へ働く力というのは、基本的に重さ×スピードですよね。
つまようじの重さは、yahoo智恵袋にて76gで約532本入っているとの回答があります。
これらを参考に計算すると、0.14g/本ぐらいでしょうか。

 

単位が軽すぎてイメージがつきづらいですが、実際にそれくらい軽いモノでもこれだけのスピードが出れば空き缶くらいなら貫通してしまう、ということです。

 

威力を計算すると・・・

 

その空き缶を貫通する威力ですが、これは空き缶の強度から考えてみます。

 

空き缶というのは、基本的に”アルミ”で出来ており、「アルミ缶」とよく言われます。
(一部スチールもありますが・・・)
鉄や銅と比べると約3分の1の重さでありながら、体積あたりの強度が高いことで輸送などに多く使われています。

実際にどれくらいの圧力があればつぶせるのか?
ということを調べてみたのですが、アルミというのは大変複雑でどこからどのように力を加えるか。
また縦につぶすのか、横からつぶすのか。
穴をあけるだけなのか・・・。
等々の条件によってまったく異なるみたいです。

 

なので一概には簡単に威力を測定できませんが、DIYなどで普通に穴をあける際には以下のようなモノを使います。

  • カッターナイフ
  • 電気ドリル
  • ペンチ
  • ハサミ

 

あとは、下記の動画も一部参考になるでしょう。


具体的には数値にはしづらいですが、感覚的にこれらの道具や機械が必要なくらいは、アルミでも強度をもっているということです。
そして、つまようじボーガンには十分にそれくらに威力があり、なんともヤバい、ということがお分かりいただけたのではないでしょうか・・・。

 

<この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます>

威力が強烈すぎるつまようじボーガンの作り方

つまようじボーガンが通販で買えるのか実際に調べてみた

 

 

 

スポンサードリンク