巨人で元スカウト部の専任次長であった中村和久さんが死去 されました。
現在では有名な阿部慎之助選手の獲得をはじめとする功績があります。

 

そんな中村和久さんの死因はなんだったのでしょうか?

 

簡単な人物像と死因についてまとめます。

 

スポンサードリンク

 

中村和久とは?

 

中村和久さんですが、巨人のスカウトとして大変有名です。

 

経歴や人物についてまとめると下記です。

  • 現在70歳
  • 三重県出身
  • 社会人野球「リッカーミシン」で選手として活躍
  • 1971年、1972年には都市対抗野球大会に出場
  • 1985年から2009年までの21年間は巨人のスカウトとして活躍
  • 阿部慎之助、亀井義行、長野久義などの選手をスカウト
  • 特に阿部に関しては中大時代から徹底マークしていたほど
  • その千里眼から「巨人の目」ともいわれていた

 

このように、おもに”巨人のスカウト”として有名選手の活躍に非常に尽力しており、巨人ファンからも多く愛されていました。
中村和久さんあっての巨人選手たち、というところでしょう。

 

 

中村和久の死因

 

そんな中村和久さんの死因ですが、直接の原因は公表されていません。
ただ70歳という年齢を考えると、ある程度は歳相応であるかもしれません。

 

男性高齢者の入院、外来の多い病気としては、次のようなモノです。

  • 悪性新生物(がん)
  • 高血圧性疾患
  • 心疾患
  • 脳血管疾患

 

順番としては、
がん⇒脳血管疾患⇒心疾患の順に多いようです。

 

また、スポーツ選手のほうが早く死にやすい、とも言われていますがこちらは現在まだわかっておりません。
我々はメディアを通じて有名スポーツ選手の訃報をよく見るだけにそういったイメージがありますがけっしてそのようなことはないとの意見もあります。
実際に、よく聞く「がん」の直接の原因となっているものは「肉食」「肥満」「飲酒」「喫煙」です。
これらはスポーツ選手が引退してから我慢していた飲酒や喫煙をはじめるケース、またもとから肉食の方が多いためにそのような誤解が生まれているのではないでしょうか。

 

スポーツによって使う筋肉やその疲労度、ストレスなどは異なっています。
一概にスポーツ選手というだけでは、くくることはできないでしょう。

 

今回の中村和久さんの原因に関しても、”スポーツ選手であること”が関係しているというよりは、年齢を考えて、普段の生活習慣から「がん」や「心疾患」などに結び付いたと考えるのがベターでしょう。

 

 

今回の訃報、心より残念に思います。
今後も中村和久さんの後を継ぐような有名スカウトの方が出現されることを期待しています。

 

スポンサードリンク