ジュンです。

 

NHK「アスリートの魂」で特集される

大原洋人 さんについて調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

 

 

まずは、大原洋人さんのプロフィールについてご紹介します。

 

名前:大原洋人(おおはらひろと)

生年月日:1996年11月14日

出身:千葉県長生郡一宮町

学歴:明聖高等学校通信コース卒業

職業:サーファー

(出典:ウィキペディア)

 

 

いやー、1996年ですよ!

つまりえーっと・・・21さいです!!

 

しかも最近誕生日ですね。

おめでとうございます!!

(本人は絶対見てないだろうけど。笑)

 

僕も25歳なので

自分ではまだまだ若いほうだと思っていますが

自分より年下の人間が活躍しているのを見ると

なぜか急激にあせります。。。(笑)

 

しかもサーフィンは父親の影響で

8歳から始めたとか!

 

若すぎる・・・

 

成績

 

幼少期からサーフィンをはじめた大原洋人さんですが、

成績はどうなのでしょう?

 

調べてみたところ、めちゃめちゃすごそうです!

 

 

2012年には全米アマチュアサーフィン連盟(NSSA)の

カリフォルニア選手権(West Coast Championship)で日本人として初優勝。

同年に開催されたWSLのWQS湘南オープンでは最年少優勝を記録した。
2013年にはWSLのワールドジュニアU20で

日本人初の3位入賞を果たすなど、順調にステップアップ。
そして2015年、

カリフォルニア州ハンティントンビーチで行われたWQSイベント、

Vans US Open of Surfingで、日本人として初めて優勝のトロフィーを掲げた。

 

この長い歴史を誇る由緒正しいコンテストは、

WQSでは最もグレードの高いイベント。

わずか18歳の日本人選手が優勝したというニュースは、

国内外で大きく取り上げられた。

2017年もWSLのQSで世界を転戦。

QS6,000のオーストラリアンオープン・オブ・サーフィンでの

3位入賞を皮切りに、

QS1,000のコミュニティプロジェクト・セントラルコーストプロで優勝、

QS3,000のプロ・サンタクルーズ2017で3位など、

好調を維持している。

6月現在の時点でQSランキングは2位。

日本人が誰も成し遂げたことのないCT入りに向け、戦いを続けている。

 

(出典:Hiroto Ohhara.com)

 

 

ほぇ~。(笑)

 

やっぱりすごい人なんですね。(笑)

 

とても真面目で優しそうな人柄とは裏腹に

”やるときはやる”

さすがスポーツ選手、といった感じですね~。

 

ちなみに、実際はこんな感じみたいです。

 

 

スポンサーリンク




年収

 

次、に気になるのはやはり年収です。

 

スポーツ選手としてこれだけ活躍している

大原洋人さんですから、稼いでいる額が気になってしまいます。

 

調べてみたところ・・・

残念ながら正確な年収は不明です。(笑)

 

ただ参考までに、

最近優勝した大会は、賞金が1,000万を超えているみたいです

 

またスポンサーも

ムラサキスポーツ、glassyなど複数あるみたいなので

そこからの収入も期待できますね!

 

おそらくですが、

年収は1000万を超えているのではないでしょうか?

 

 

野球やサッカーなど

他のスポーツと比べてしまうと少なくも見えますが、

サーファーの平均年収は

60万~200万と言われていますから業界でみれば

とーっても稼いでることになります。

 

まとめ

 

やはり、スポーツでプロとして稼ぐというのは

大変なことだと思います。

それをこの年齢、成績でこなしているのは

素直に尊敬しかないですね。

 

いくつになっても

挑戦する心を忘れず持ち続けていきたいです。

 

 

はんなり

 

スポンサードリンク