ジュンです。

 

 

韓国人であるハ・ソンジンさんら4人の韓国人が福岡県から現金7億3,522万円を無許可で国外に持ち出すほか、金塊約6キロ(約2,750万円相当)を密輸しようとし、4月にニュースとなっていました。
今回は、それらの判決にて有罪判決が確定し、7億円超の没収を認めたとの事でしたので改めて見ていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

事件の概要

 

はじめに、事件の概要としては、冒頭にも少し上げましたが金銭関係です。
多額な現金の無許可によ海外持ち出しと、韓国からの”金塊”の輸入みたいですね。

 

今年4月に福岡空港から現金7億3522万円を無許可で国外に持ち出そうとしたほか、韓国から金塊約6キロ(約2750万円相当)を密輸入しようとしたとして関税法違反などの罪に問われたハ・ソンジン被告(31)ら韓国籍の男4人の判決で、福岡地裁は13日、いずれも懲役2年6月、執行猶予4年(求刑はいずれも懲役4年)を言い渡した。検察側が求めていた現金と金塊の没収についても認めた。

被告らは香港で買い付けた金塊を日本に密輸して売却、消費税分の差益を稼ぎ、その売り上げでさらに金塊の買い付けを繰り返す「循環型犯罪スキーム」の一員と認定

(出典:yahooニュースより)

 

ん、「循環型犯罪スキーム」とは何でしょうか?

こちら調べてみたところ、この言葉自体ではヒットしません。
恐らくですがそのままの意味ですが、金銭の価値の差額や税の抜け道などを使って不当に循環させること、
つまり”換金”することによって利益を得るような犯罪でしょうか。

 

なんとなくはこんなイメージかと思われます。

 

 

犯人グループ

 

では、犯人たちは何をしている人物なのか?
どんな人物なのか?
これらについて、見ていきましょう!

 

  • 犯人は、4人との事です。・ハ・ソンジン(31)
    ・パク・ジェヨン(36)
    ・ビョン・ソンフン(35)
    ・イ・ヒョンウ(35)

 

またこのほかにも、実際に金塊を所有者していた首謀者がおり、犯人特定に向けて早急に調査しているとの事。

 

 

 

動機などは?

 

動機については、やはり”金銭目的” といえるでしょう。
今回の逮捕は氷山の一角といえそうです。
このようなケースはオモテに出ていないだけで裏でゴロゴロありそうです。

 

FXや株などもその”価値”の差額を利用して稼ぐような仕組みですよね。
それらは正当な取引として、証券所があり管理されています。
今回は、それらを通さず不当に利益を得てしまったために逮捕となっていると考えられます。

 

ただ、金塊についても正当な取引方法はもちろんあるはずなので
何か不正を働いてこのような多額の現金のゲットしていたことはいうまでもないでしょうね。

 

スポンサードリンク